借金延滞の流れ

借金を帳消しにする方法はただ一つ

借金を帳消しにする方法は、たった一つしかありません。その方法は自己破産であり、借金の金額の大小に関係なく帳消しにできるのです。
個人再生、任意整理の場合だと、完全にゼロにすることはできません。元金や利息を減らすことは可能ですが、圧縮後も毎月の返済は続くので、ある程度の経済力のある方でないと行なえないのです。
自己破産は最も難しい方法と思われていますが、実はその逆なのです。個人再生や任意整理ですと、整理後の借金は原則として3年間かけて返済していきます。債権者の好意で5年程度まで延長してくれる場合もありますが、普通は3年になることが多いです。
例外として自己破産以外で帳消しにできるケースは、多額の過払い金が発生していたときです。借金をゼロにするほどの過払い金があれば、相殺してさらに手元にお金が戻ります。過払い金返還の対象となるのは、グレーゾーン金利で借りていた方です。
具体的には貸金業法改正前の消費者金融のキャッシングやカードローンなどを利用していた方です。

借金を延滞した際の流れについて

キャッシングやカードローンにおいて指定された返済日を延滞しても借金を支払わない場合は取り立てに関する電話がかかってきたり郵便が届きます。借金に関する取り立てというのは、主に3つの段階に分かれています。
まず、電話もしくは手紙で延滞の旨を伝えます。
借金延滞の流れ 次に、自宅まで訪問し直接的に交渉します。そして、最終的には裁判所に訴えるという流れです。
こうした順序の良い段階が用意されているものの、破産や行方不明になってしまうという場合も少なくありません。最も初めに連絡をするのは女性社員です。返済の指定日に入金が確認できず、いわゆる延滞の状態に入ったと確認されるとお客さんの携帯電話に対し連絡をします。
実は、この連絡の時点でほぼ全ての方が支払いを済ませるという実情があります。こういった段階の後に3日間連絡を待ちますが、連絡が無い上に支払いがされていない際には男性社員に業務が移ります。
その後は週に一度のペースで書面が届きます。

Valuable information



Last update:2019/12/19

CONTENTS

『借金 帳消し』 最新ツイート